FX情報商材レビューブログの決定版!(FX情報商材レビュー・検証&評価ブログ)

FX情報商材のレビュー・検証結果を毎週更新!FX情報商材を初心者向けに解説!FX情報商材購入者に高勝率の豪華特典も!

FXプログラムトレーディングシステム DRAGONの検証・レビュー・評価 

ランキング参加しています。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

FXプログラムトレーディングシステム DRAGONの検証・レビュー・評価
【 FX情報商材検証 】



FXプログラムトレーディングシステム DRAGON 再リリース記念価格は限定30セットまで!
FXプログラムトレーディングシステム DRAGON
低リスクゾーン型トレンドキャッチャーEA遂に登場!【フリー口座版】

※ こちらはB特典の対象となります

こちらの FXプログラムトレーディングシステム DRAGON、商材名長ッ

略するにも、どこで切ったらいいか分からないから困っちゃいますねΣ(´□`;)
『 DRAGON 』 で切ったらどう考えてもカテゴリ外のニーズにヒットしそうだし。

正直興味は薄いのですが、立て続けに2名様からレビュー依頼を頂きまして、
FXプログラムトレーディングシステム DRAGON をレター検証する事に☆
昨今の自動売買は興味を惹かれるものがなかなか出てこなかったのですが、
コチラコチラ などの長期好実績EAと同じ ナンピンタイプ ということで、
FXプログラムトレーディングシステム DRAGON には一定の期待感が^^

『 再リリース版 』 という事は、単なるネタの使い回し、レター焼き直しなのか、
それとも以前好評を博した限定販売を、時期を見て再度リリースしたのか☆
まぁ商材名も聞いたこと無いですし、おそらく前者と思われるのですが(;^_^A

では FXプログラムトレーディングシステム DRAGON をレビューします★




人気ブログランキングへFC2ランキングへ

【FX情報商材レビューブログの決定版!】トップに戻る↑




FXプログラムトレーディングシステム DRAGONは、「 微妙… 」 ですね

ではさっそく読み解いていきます↓


FXプログラムトレーディングシステム DRAGONのセールスページ

FXプログラムトレーディングシステム DRAGON のレターを見ていきます☆

冒頭に 「 点ではなくゾーンでトレンドを捉え、安定的に利益を積み上げる 」
とあるのは、ナンピンというより、計画的な分散エントリーであると見えます★


FXプログラムトレーディングシステム DRAGON は トレンドフォロータイプ、
通貨ペアは EUR/USD 限定、MT4上でのみ作動するとのことですd(゚ー゚*)

所謂トレンド中の 『 押し目 』 や 『 戻り 』 を狙っていく手法と見えますので、
一定の幅を設けてその中でより有利なポイントでポジションを持つんですね^^
勿論闇雲に最大ポジションを持つのではなく、「 トレンド転換 」 を感知した際は
2つ目のエントリーを回避するなど、損失を最小限に抑える姿勢 が安心です♪


「 変動テイクプロフィット機能 」 が相場に合わせて適切な利益確定をするのは、
安心とは思いますが、『 過去5年ゾーンベースの平均勝率80%以上 』 って…
ゾーンから出る = ナンピン型の大型損切りを2割近くも出しちゃうって事(・・;)?

それってかなりのリスクなのでは・・・・しかし、次の説明項目で氷解します☆

「 変動ロスカット機能 」 がマーケットに合わせた適切なロスカットを実現し、
“ 過去5年間の平均ロスカット幅30pips以内 ” というのは驚異的な数字です

しかし、『 適切な利食いと損切り 』 って、どこのEAでも提唱してますよね(^_^;)


続いて FXプログラムトレーディングシステム DRAGONの過去成績 です☆

最大3ポジションのモードの方が利益率 ・ PFが上がるのは当然なのですが、
ほとんど勝率が変わらない、というか若干悪くなってるのはなんででしょ(・・;)?
期間も3年3ヶ月と中途半端かつ短いですし、最大ドローダウン もデカッ(´□`;)

これは-30pips程度の損失なのにこれだけ大きなリスクを負ってしまうのか、
この最大ドローの際にたまたま平均pipsを大きく拡げてしまったのか…(ー'`ー;)

まぁPF、取引数、利益共に不自然な所はなく、見事な成績 とは思うのですが。


続く FXプログラムトレーディングシステム DRAGON の表示チャートでは、
「 平均ロスカット30pips以内 」 の割にナンピン幅が狭く、ゾーンからはみ出し、
30pips以内で損切りするにはだいぶ余裕のないポジショニングに見えます(^_^;)

一方、ナンピン型EAにしては最大ポジションが2 ~ 3というのは安心感があり、
増し玉増加率も 1 : 2 : 3 と、あまり無理をしない設計 になってるんですね♪

ここで出た FXプログラムトレーディングシステム DRAGON の損切り位置。
「 第一ポジションから80pips 」 とありますが、そこに達することは滅多になく、
その前に 『 変動ロスカット機能 』 により 平均30pips で損切りされるようです。


不正使用防止のためにユーザーコードの申請 ・ 発行などはありますが、
MT4が利用できれば 業者の縛りが無い のは嬉しい仕様ですね(*^-^)

派手さもなく、必要な情報だけの、比較的誠実な印象を受けるレターでした(^-^)



FXプログラムトレーディングシステム DRAGON ・ 総評


FXプログラムトレーディングシステム DRAGON ですが、EAという事から、

「 自動売買は、やってみなくちゃ分からねぇ~~~~~~(;゜ロ゜)/!! 」

なのは間違いなく、成績を追いかけてみない事には良し悪しは言えませんが…

最大DDや短いバックテストなど、レターにはいくつか 不審な点 はあるものの、
無責任な言い訳に繋がる文言は見られず、好印象のアプローチと感じました☆


しかしその一方で、FXプログラムトレーディングシステム DRAGON
最近見かける他の自動売買商材と比べても あまり特徴のないEA とも言え、
EAの大前提、『 未来の成績は分からない 』 以上、同じリスクを負うのなら、
より安定感、実績のあるEAを選んだ方が期待値との乖離は少なそうですね^^;

可も無く不可も無くな FXプログラムトレーディングシステム DRAGON は、
差し迫った購入意欲にも繋がらない、フツーのEA という評価になりそうです☆
勿論こういう一見平凡に見える商材に限って実戦成績が好調だったりして、
しばらく経ってから、評価が大きく変わる可能性があるのは否めません(;^。^A


----------------------------------------------以上です。

FXプログラムトレーディングシステム DRAGON、我ながら微妙なレビュー☆

こんなやっつけ仕事をする予定では無かったのですが、セールスレターも短く、
レターレビューなのに褒めるも叩くも材料が無ければどうにもならないという(T▽T)

FXプログラムトレーディングシステム DRAGON低リスクの割に高勝率 で、
「 変動テイクプロフィット 」 「 変動ロスカット 」 という独自のアルゴリズムを用い、
損小利大を実現している所など、面白そうな材料 はまぁまぁあるのですが・・・・・

いかんせん正体がよく分からん以上、今後の成績以外での判断はできないッス

FXプログラムトレーディングシステム DRAGON 再リリース記念価格は限定30セットまで!
FXプログラムトレーディングシステム DRAGON
低リスクゾーン型トレンドキャッチャーEA遂に登場!【フリー口座版】

※ こちらはB特典の対象となります

☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★

当ブログからの商材購入特典はこちら⇒ 特典ページ
商材の購入相談はこちら⇒ chome@fxbrave.com
※件名は「 商材名+教えて!」で
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
☆ 成功脳 ☆ 育成メルマガ
美味しい情報は最優先で!
メルマガ読者を徹底ヒイキ^^♪
メルマガ登録 ・ 解除
 
祝! まぐまぐ 【 殿堂入り 】!
プロフィール

ちょめ

Author:ちょめ

ご訪問いただきありがとうございます☆

数年前にキャバクラ経営をリタイアし、
FXやファンド ・ 事業投資 ・ コンサル等を
生業としていますd(゜ー゜*)

専業トレーダーとして相場と向き合う一方、FX商材の検証やレビューに取り組んでます(レビュー商材本数 : 累計500本超!)。
各ジャンル・投資スタイル別に優良商材
ベストレシピを常に模索しています☆

残念なことにほとんどが詐欺的ダメ商材ではありますが、ルール通りに取り組めば、
ちゃんと勝てる商材は存在します★
商材ジプシーはもう卒業しましょう^^


購入特典の手法とサポートには自信がありますので、お問い合わせは遠慮なくいつでもどうぞ~(o^∇^o)ノ


旅好きです♪※ プライベート写真館

商材の購入相談はこちら⇒お問い合わせ

もしくは直接メールでどうぞ!
chome☆fxbrave.com(☆を@に)

50音順カテゴリ検索
50音順カテゴリは コチラ
カテゴリー(ほぼ販売日順)
訪問者サマ
◆合計訪問者数◆


◆本日の訪問者数◆


◆昨日の訪問者数◆