FX情報商材レビューブログの決定版!(FX情報商材レビュー・検証&評価ブログ)

FX情報商材のレビュー・検証結果を毎週更新!FX情報商材を初心者向けに解説!FX情報商材購入者に高勝率の豪華特典も!

猫でもわかるFXorBOの検証・レビュー・評価 

ランキング参加しています。応援よろしくです^^
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

猫でもわかるFXorBOの検証・レビュー・評価 【 FX情報商材検証 】



猫でもわかるFXorBO
猫でもわかるFXorBO
相場転換ポイントを赤色青色でお知らせ

※ こちらはB特典の対象となります


こちらの 猫でもわかるFXorBO、前作とほぼ一緒のネーミングですね(笑)

販売者である高橋一二三さんは、以前 コチラ の商材を販売してましたが、
所謂『 シグナルプロバイダー 』で有名なサイト紹介、利用法レクチャー、
トータルサポートをパッケージ化した物で、それなりに需要がありました。

また前作は 猫でも使えるサインツール という商材名も中身も似た内容で、
その中身はさらに前作の トレンドスコーピオン の焼き直しという感じで、
レター内の説明画像すら一緒、目新しさを感じない仕上がりだったんです。


猫でもわかるFXorBO はやはり前々作、前作と同じツール×ルールっぽく、

『 インジケーターを沢山表示させ、良いところ撮りした裁量補助ツール 』

といったあまり良くない印象、とても再現性には期待できそうもない感じ。

長らくやってる日々の実績ブログでも、自称成績をテキストと動画で披露、
いかにも「 初心者でもカンタンに儲かりそう 」な印象を感じさせますが、
そりゃアレだけ沢山のインジケーターを表示させてりゃ、どれかは機能し、
メチャ良いタイミングでエントリーできるけど、リアルタイムじゃ厳しい。

普通の人には「 船頭多くして船山に上る 」になりそうな気がして止まぬ…


猫でもわかるFXorBO なんてフザけた名前が逆に有効そうに聞こえますが、
レターの内容や動画を見て、その文言に信憑性があるかを確認したいです。

毎日のブログのトレード解説にしても、後出しジャンケン説明しか無くて、
取引履歴を見せる訳でもないから、勝った金額も自称でしかないんですw

それでも今作では「 私の最高傑作! 」なんて言っちゃってますからね^^


では、以下に 猫でもわかるFXorBO をレターレビューしていきますね↓↓





人気ブログランキングへFC2ランキングへ

【FX情報商材レビューブログの決定版!】トップに戻る↑





猫でもわかるFXorBO は、「 結局同じ使い回しのツール&ルール 」

では、さっそく読み解いていきます↓




猫でもわかるFXorBOのセールスページ 】


猫でもわかるFXorBO のセールスページを見ていきましょう☆

あ、少し前にも見たなコレ。木目のバックとゴチャついた構成に既視感が。
そしてフリー素材の人たちに、後出しジャンケンの動画集は変わってない。


前回も使用されてた「 青領域赤領域 」、これは判断ポイントでしたが、
今回のはハッキリと『 反転上昇(下降)のサイン 』と書かれていますので、
曖昧な表現ではなく「 この範囲内で別サイン表示がエントリーチャンス 」
とあるのがちょっと安心というか、再現性に関して確度が高まってそうな。

前作でも重視されてた フィボナッチ理論 を駆使して精度を高めたっぽい★


猫でもわかるFXorBO

私もライントレードとフィボナッチを併用しているので否定はしませんが、
その反転タイミングと戻しポイントの見極めは簡単じゃないんですよね~。

後から見れば「 ○○%戻し 」と近似値を見つけるのは誰でもできますが、
リアルタイムではその勢いとか見なくちゃなんで、全然ラクチンじゃない。

放置するとすれば、直近のボラを見てアタリをつけて指値を入れておくか、
段階で分割決済、またはトレイリングストップを設定するしかありません。


猫でもわかるFXorBO

何を根拠にこのゾーンが示されているのか、詳しくは分かっていませんが、
割と幅が広くて、上限~下限のどこで拾うかで利益率とか勝率は変わるし、
大事を取りすぎて拾えなければ反転を捕まえられずに機会損失もありそう。

理論を理解してても、実践による慣れがないとそう巧くはいかないですw


猫でもわかるFXorBO

こんな綺麗なレンジも最近ではあまり見ませんが、これなら連勝できそう。

まぁ実際RSIみたいな遅効性テクニカルでは、狙う利幅にもよりますが、
ルール抵触した時点で手遅れ、損大利小になりがちなので使いづらいのよ。

そこで「 RSIが反転の兆候を見せたら 」と先取りの説明がありますが、
早めに乗っちゃうと直後「 やっぱ反転やめた 」みたいに巡行しちゃって、
RSIの色は元に戻り、ダマシの証拠すら残らないという怖いパターンw



その後 猫でもわかるFXorBO による併用エントリーの実例が出ますが…

猫でもわかるFXorBO

↑ こっちはFX


猫でもわかるFXorBO

↑ こっちはバイナリー


前作でも指摘しましたが基本的にFXは順張り、バイナリーは逆張りです。

エントリー方向に伸ばしていけるなら利益最大化を図った方が良いですし、
大きなローソク足の短期的な反転で勝率を上げたいなら逆張りすべきです。

FXやるならデカトレンドを追い掛けていった方が損は小さく利は大きく、
バイナリーならトレンド中でも僅かな戻りを狙えるから逆張りが効率良い☆

それを「 両方使えるよ!」と欲張っちゃうと、途端に嘘臭く感じるんです。


つづいて「 フィボナッチ推移の基本! 」というご都合画像が並んでますが、

猫でもわかるFXorBO

手前が正確に38.2%で反発してるなら、左から3番目はズレてるだろ。

そういう時だけ61.8%を持ち出すとか、区別の判別方法もルール化し、
明確な基準で使い分けができるようにしないと、初心者は混乱必至ですよ。






おぉ、うーん・・・ だいぶ印象が変わりましたね、良くも悪くもですがw

まず、マルチタイムフレームを使って複数の時間足をチャートで確認して、
サインが重なった時を狙って確度を上げ、慎重なエントリーをしています。


これは軽薄な「サインに従ってれば常勝」「 タイミングはお任せします 」
みたいな、安易かつ曖昧で良いところ取りをする卑怯な販売業者と違って、
非常に再現性は高まりますし、まともで誠実な取り組みだと思いました^^

ただ一方でお手軽さはなく、習熟度によって成績も再現性も大きく変わり、
赤青のゾーンだけでなく白ドットやRSIなどの他のテクニカルも参照し、
複数の時間足の条件が合致した時以外にトレードチャンスがほぼ無い障壁。
勿論条件を緩和すれば増やせるけど、当然の如く成功率は下がります

となるとそこまで手をかけるからにはバイナリーではイレギュラーが多く、
しっかりとFXで値幅を狙わないと少ないチャンスを利益に換えにくそう。


バイナリーはエントリー根拠の説明が希薄で同じ判断は出来なそうですし、
FXに至ってはエントリーポイントは見せず、結果だけ後出しジャンケン。

ちなみに作者サイトも似た感じで、ほとんど毎日動画をアップしてますが、
「 この相場ではこう判断するよ 」って、終わったチャートで言われても。



猫でもわかるFXorBO : 全搭載ロジック

・ フィボナッチ領域 → 反転上昇は青、反転下降は赤
・ BOX相場ADX → レンジ発生で赤と青ラインで囲い込み 
・ エリオット波動 → 波動形成が確定すると5波動からabc
・ 逆張りドット → 各色1~2つ目迄が反転タイミング
・ RSI → 相場過熱で色変化、収束が反転タイミング
・ 移動平均線 → 相場過熱で変化、収束が反転タイミング
・ ピボットライン → 前日の高値・安値・終値の確定値
・ マルチボリバン → 各時間軸切替はボリバンをON・OFF
・ トレンド帯 → 赤と青帯でトレンド指示
・ ラインブレイク → レジサポを抜けると矢印表示



猫でもわかるFXorBO : 概要

・ FXとバイナリーオプション取引でご利用
・ FX取引スタイル(スキャル・デイトレ・スイング)
・ FX戦略 逆張り、順張り可能
・ バイナリー判定時間(1分 3分 5分 その他OK)
・ FX時間足 1分足~4時間足位まで
・ 全通貨ペア対応 マーチンゲール無し
・ 推奨時間帯は経済指標時を除く全時間帯
・ バイナリー取引チャンスは1時間につき約6回
・ FX取引チャンスは1時間につき約5回
・ アラートは自動と手動アラートあり
・ ツール設定は5分で完了(設定解説動画付き)
・ MT4専用(MT5対応予定)
​・ 活用方法解説の「 ノウハウサイト 」を別途ご用意
​ ・メンバーズサイトあり(FX・バイナリー共用)
・ 開発者からの直接サポート付き



少々意味不明な表現も見られますが、その概要は前作とほぼ一緒でしたね。
『 スコーピオン塾開講 』が無くなったのは、イマイチ不評だったのかな?

前々回や前回は、ヤフオクとかココナラでの高評価を強調していましたが、
今回はヤフオクだけ、ココナラとモメたのか、信用失くすと気付いたのか。


猫でもわかるFXorBO

情報商材をヤフオク出品とか、およそまともな物じゃないパターン多いし、
私こういうのを基本的に信用してないので、すぐさま調べてみたんですが、
今回はちゃんと検索にヒットし、記載の通り高い評価が並んでいました^^

まぁほぼ全て定型文なので、実際にユーザーが勝ててるかは不明ですが…。




猫でもわかるFXorBO ・ 総評 】


猫でもわかるFXorBO ですが、それでも購入するメリットはあるのかも?

ここまでツッコんで「 買うのもアリ 」って何だよ!と言われそうですが、
こういうツールってホント使い方次第なので、安易にダメとも言い難くて。
こちら前回と同じ評価で恐縮ですが、割と真面目に作られてると思います。

要は 猫でもわかるFXorBO を使って利益を出せる人も当然出てくる訳で、
確かに順張り・逆張りツールを使い分けられれば勝率は低くないでしょう。


サイトの動画や解説画像なんかもわかりやすく、相場理解も深まりますし、
リアルタイムにチャート追跡をする事で、精度も上がっていくと思います。

『 ツール 』 なだけにタイミングと場面次第で利益に繋がりやすくなるし、
試行回数を増やすほどにプラスが残りやすくなるのは間違いないからです。


もちろん 猫でもわかるFXorBO をどれだけ使っても身にならない人とか、
各自の忍耐強さによって 成果が出る前に諦めてしまえば試合終了 ですし、
そういう人にとってはどんなツールもゴミになる以上、絶対はありません。

使いやすい材料を与えられ、それを使って練習を繰り返せば練度は上がり、
勝率は上げられると思いますが、再現性に期待できるとはとても言えない。


材料が多すぎれば適切な使い方が分からず混乱しタイミングも遅れますし、
シンプルにしようと削るほど、例外対応できず勝率も上げられないモノで、
『 必ず勝てるツール×ルール 』なんて物はそもそも存在しないんですね★

だからこそ 猫でもわかるFXorBO にはもっと具体的な直球文言を用いて、
変な万能感を錯覚させるような誇大なレターは作ってほしくなかったです。


レターには『 分析サイン複数搭載で分析力UP 』という部分が強調され、
赤青領域内とRSI併用エントリーだけでなく、それ以外のサインも併用、
「 エントリー精度を向上させよう 」 というメッセージがありましたから、
正直こういうのを面倒と思う人には、利益が出るまで耐えられなそうです。

一方で『 ツール活用ノウハウサイト 』というのを会員様向けに開設して、
「 作者が習得した全手法が盛り込まれた構成になっている 」 そうなので、
徹底的に学習・研究したいという方にはリーズナブルに感じられるかと^^




-----------------------------以上です。


猫でもわかるFXorBO、汎用性は高いけど少々人を選ぶツールですかね~。

しっかりと順張り・逆張りが使い分けられ、明確な判断基準が示されてて、
再現性が高くそれなりの勝率&チャンス数があれば、かなりの武器 です♪

一番怖いのは、サインに「 どうとでも取れる曖昧さ 」がある事ですから。




とは言え、やっぱりバイナリーオプションには活かしにくいと思うんです。
会員サイト次第ですけど、こんな面倒な仕掛けならFXの方が良いもんね。

猫でもわかるFXorBO
猫でもわかるFXorBO
相場転換ポイントを赤色青色でお知らせ

※ こちらはB特典の対象となります

☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★

当ブログからの購入特典は こちら⇒ 特典ページ
ご相談は こちら⇒ chome☆fxbrave.com(☆を@に)
[ 2022/11/23  23:47 ] 【検証】猫でもわかるFXorBO | トラックバック(-) | FXブログコメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
☆ 成功脳 ☆ 育成メルマガ
美味しい情報は最優先で!
メルマガ読者を徹底ヒイキ^^♪
メルマガ登録 ・ 解除
 
祝! まぐまぐ 【 殿堂入り 】!
プロフィール

ちょめ

Author:ちょめ

ご訪問いただきありがとうございます☆

数年前にキャバクラ経営をリタイアし、
FXやファンド・事業投資・コンサル等を生業としていますd(゜ー゜*)

FX専業トレーダーとして日々相場と向き合う一方、FX商材の検証やレビューに取り組んでます(レビュー商材本数 : 累計約700本!)。
各ジャンル・投資スタイル別に優良商材
ベストレシピを常に模索しています☆

残念なことにほとんどが詐欺的ダメ商材ではありますが、ルール通りに取り組めば、ちゃんと勝てる商材は存在します★
商材ジプシーはもう卒業しましょう^^


購入特典 の実績とサポートには自信がありますので、お問い合わせは遠慮なくいつでもどうぞ~(o^∇^o)ノ


旅好きです♪※ プライベート写真館

商材の購入相談はこちら⇒お問い合わせ

もしくは直接メールでどうぞ!!
chome☆fxbrave.com(☆→@)

Twitter始めました!

50音順カテゴリ検索
50音順カテゴリは コチラ
カテゴリー(ほぼ販売日順)